読者モデルやキッズモデルになるために|声優オーディションの紹介も

スタジオ

採用されやすい方法として

男の子と女の子

わが子をキッズモデルにしたいと考えている親御さんは、モデルにするためのコツを把握しておくことが大切です。キッズブランドは数多くありますが、好きなブランドだけを選んで募集しても募集競争を勝ち抜くのは難しいでしょう。自分の子どもがそのブランドに似合っているかを考慮して、募集を出すことが大切です。大人のモデルでは高身長が求められますが、キッズモデルは雑誌ごとの対象年齢によって求められる身長が異なります。そのため、必ずしも自身の子どもの年齢が雑誌側の求める年齢と合うとは限りません。しかし、逆に身長さえ合っていればモデルとして採用されるかもしれないので、きちんと募集要項を確認しておきましょう。また有名雑誌のモデルはそれだけ競争率が高いのが特徴です。そのため、よほど見た目や子どもの性格、加えてそれ以外の特技が際立っていない限りは、キッズモデルとして採用されないかもしれません。穴場を狙うのであれば、知名度がそれほど高くないブランドは、採用される可能性が高いと言えるでしょう。それら雑誌でキャリアを積んでおけば、有名雑誌のオーディションに受かりやすいと言えます。モデル慣れした子どもは、撮影のときも指示が楽なので、雑誌側も楽だと言えるでしょう。子ども自身がモデルになることに熱意を持っているかも採用のためには大切です。そのため、小さなときからファッションショーに連れていって興味を持たせるようにしましょう。

歌手活動を始めるなら

歌うレディ

ボーカルとして活躍したい方は、オーディションを積極的に受けるようにしましょう。まずは履歴書を審査員まで送って、実技試験に向けてコンディションを整えることが大切です。オーディションによっては面接があります。

もっと読む

自分磨きで夢を叶える

ウーマン

読者モデルになるには、その雑誌でモデルを募集しているか調べておきましょう。応募の際は写真が求められるので、その前段階から自分磨きを始めておくことが大切です。応募書類には自分をアピールできることを記入しましょう。

もっと読む

積極的に仕事を受けよう

女性

声優の仕事は多岐に渡るため、各地でオーディションが行われています。これらオーディションはインターネットで情報を集めることが可能です。声優の経験が浅い方は様々な仕事を受けるようにして、見た目にも気を遣うようにしましょう。

もっと読む